外来のご案内
ホーム > 外来のご案内 > 診療内容

診療内容

診療科目

精神科

診断別統計データ

入院・外来平均患者数、ICD大分類などの統計データはこちらからご覧いただけます。

各種療法の説明

療法 説明 詳細
心理療法 自分の性格、対人関係、不安感や葛藤など、こころの問題で悩んでいる方に対して、専門的なトレーニングを受けたカウンセラーが行う援助のことです。
悩んでいる方が、自分自身で問題解決や自己決定できるよう、お手伝いさせて頂きます。
デイケア 参加する方々の状況に応じて、お勧めの過ごし方(プログラム)があります。自分の好みのプログラムを組み合わせてご活用ください。
SST “Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。
対人関係でのコミュニケーション、服薬・症状の自己管理、身辺の自立など、日常生活技能を高めることを目的に、グループアイデアを出し合い、自分に合ったやり方を選び、ロールプレイなどで練習をするものです。
日常の苦労に「自分で対処していく」能力を高めたいと希望された方が参加をされています。
-
こころの
天気予報
「こころの天気予報」では、
(1)自分の心の動きに早く気づく、
(2)心の動きに応じた行動を準備する
という2つのことを話しあい、行っています。
-
作業療法(OT) 様々な作業活動を通して充分な社会生活を送れるための適応力を身につけることや、退院後の健康な生活を送るための準備を目的とし、医師の指示のもと治療の一環として指導及び援助を行うものです。
音楽療法 専門の方(講師)のもと、心身の健康の回復、向上をはかる事を目的として行われています

 

ページのトップへ