病院紹介
ホーム > 病院紹介 > 理事長・病院長挨拶

理事長・病院長挨拶

理事長あいさつ

傍に寄り添い、共に歩むことを許される存在を目指して

理事長 智田文徳

私たちは1972年に法人を設立して以来、「人の心の痛みに涙する」という理念の下、地域でこころ病む方々とそのご家族に寄り添う存在でありたいと願いながら一歩ずつ歩んで参りました。そして、2004年には、地域に必要とされ、地域に開かれた病院を目指して「すべてのひとがいきいきと自分らしくいきていける地域社会づくり」という新しい理念を掲げました。長きにわたり、地域で精神科医療を続けてこられたのは、岩手医科大学を始めとした各関係機関、地域の皆様のお陰であり、改めて感謝を申し上げます。

さて、永年にわたり日本の精神科医療が世界に背を向け、入院中心主義を取ってきたことは多くの方が既にご存じと思います。しかし、1996年の新規抗精神病薬の導入や、SSTを始めとした心理社会的治療の効果が認知されるに従い、日本の精神科医療も退院促進、地域移行へと徐々に舵を切りつつあります。そんな中、私たちもこの10年で多くの入院患者さんの退院を推進し、その結果、ピーク時に比べて2/3の病床規模までのダウンサイジングを実現しながら、デイケア、デイナイトケアの充実、訪問看護ステーションの開設など、今では当たり前となった地域生活支援を中心とした精神科医療への改革を一歩ずつ進めて参りました。そして、2012年の法人設立40周年を機に、より質の高い治療の場づくりを目指して病院の大幅な建て替えを進めて参りました。2012年11月に新病棟が竣工となり、病院名も新たなものといたしました。現在、チーム医療の更なる深化、病棟の機能分化、急性期型病院への転換を病院職員一丸となって進めております。私たちは、これを機に地域の皆様が岩手においても質の高い当たり前の精神科医療を受けて頂けるよう、また、1人でも多くの方々が真のリカバリーの実現をお手伝いしたいと考えています。

私たちはこれからも患者さんの傍に寄り添い、共に歩むことを許される存在を目指して日々、更なる挑戦をして参ります。どうぞ宜しくお願いします。

 

理事長 智田 文徳

病院長あいさつ

tajima_2

わが国の精神医療施策が、隔離・収容型入院医療からの脱却を図り、ノーマライゼーションを目指した社会参加型医療に大きな舵取りが行われて久しくなります。この間、非定型抗精神病薬、新規抗うつ薬などの登場、認知行動療法、生活技能訓練、心理教育をはじめとした新たな非薬物療法の導入、多職種の専門家によるチーム医療の確立、退院後の生活支援体制の充実、関係機関の地域連携体制の整備などが進み精神医療の現場も大きく様変わりしました。「入院医療中心から地域生活中心へ」という精神保健福祉施策も着実に結実しようとしています。当院でも長期入院患者さんの地域移行促進や新規入院患者さんの入院期間短縮など社会参加に向けた取り組みに真摯に努力してまいりました。平成24年11月には念願であった新病院が完成。ベッド数を390床にダウンサイジングし、「未来の風せいわ病院(旧名:岩手晴和病院)」と病院名を変更、気持ちも新たに再出発いたしました。社会構造の複雑化や高齢化社会の到来により、増加の一途をたどるうつ病、ストレス関連障害、認知症、さらには児童・思春期の疾患などにも幅広く対応できるよう機能別病棟を配し、多職種スタッフによる治療体制を整え、患者さんやご家族に満足していただける治療効果をあげられるよう職員一同日々努力しております。社会の偏見という垣根を乗り越え、一人一人が地域社会の中で、笑顔をたやさず、生きがいをもち、いきいきと自分らしく毎日が送れるよう皆様のそばに寄り添い、ともに歩んで行くことがわれわれの使命と考えております。お気軽にこころの悩みを相談できる精神科病院としてご利用いただければ幸いです。

病院長 田嶋 宣行

ページのトップへ